関係なくない製薬企業

日本の医薬品マーケットの規模は10兆円以上で世界第二位と言われています。

景気の良しあしに全く関係ないとは言えませんが、一度高い医療水準を手にしたら、その水準を落とすということは考えにくく、ゆえに他産業と比べて安定していると考えられています。

安定しているというのは魅力的で、医薬品業界に転職したい!
けれど、大手製薬会社だと学歴や経験がどれくらい必要なんだろうか
自分が活躍できる分野があるだろうか
たぶんない・・・
と、あきらめがちにならないで下さい。

産業としての安定の裏には、製薬企業間の厳しい競争があります。

常に新しい優れた人材を求めています。

また、医薬品が最終的に使用されるまでには、多くの人々の手を介する必要があります。

あなたの能力が期待される分野があります。

たとえば、グラフィックデザイナー。

パッと見、関連のある職種とは思えませんが、新薬のプロモーションにはイメージ戦略が不可欠です。

また開発者や研究者は往々にしてアピールするのが上手くはないので、学会や研究会で注目を集めるような資料(スライド等)作成には、グラフィックデザイナーの力が求めらます。

あるいは、ITに自信があれば、治療データの収集や分析といった分野で活躍できます、製薬会社は多くの仕事をアウトソーシングしているので、関連企業も多いです。

実際、医薬分野を全く勉強したことのない、文系の出身者が活躍している職場も珍しくありません。

製薬業界は魅力的な転職先です。

この記事は製薬会社への転職に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。