薬理研究者/開発者募集の転職傾向

最近の製薬会社の薬理研究者/開発者募集の傾向として、研究領域の絞込みが挙げられます。

感染症等領域、循環器系領域、オンコロジーといった限定です。

したがって、リーダークラスや主任クラスでは、募集領域における功績が必須です。

新薬を上市させた経験があれば非常に有利でしょう。

転職を成功させるポイントとしては、まず、薬理に限ったことではありませんが、研究職は勤務地が限定されますので、
勤務地にこだわりすぎると、成功の可能性はかなり下がります。

家庭の事情等から勤務に「こだわらざるを得ない」と言えるかもしれませんが、
初めから勤務地を限定してしまうと、チャンスを逃すことがあるかもしれません。

最終的判断がNOになるとしても
「もし、ここに引っ越したらどうなるか、何かメリットがあるのではないか」
程度は考えて下さい。

転職は急ぐと失敗します。

リーダークラスの転職者には、早期の結果が求められますので、研究領域におけるマッチングは重要ポイントです。

製薬企業は通常、生物系基礎研究のIN VITROよりも IN VIVO(in vitroとin vivo|研究用語辞典|研究.net)を絶対的に重視します。

焦らず、最適求人を待つ姿勢が収入アップには欠かせません。

内資か外資系製薬企業のどちらが良いかは一概には言えませんが、コンセプトの違いは頭の隅においておいても損はないでしょう。

それは、外資系製薬企業では「新薬を開発するのは医師」と考えている点です。

臨床経験ならびに医学的知識がより豊富な医師(メディカルドクター)が新薬開発チームのリーダーとなりマネージメントするものという考え方が主流です。

この記事は転職傾向に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。